スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
シナトラ・ライブ・アット・ザ・サンズ
 今回はフランク・シナトラのCDです。

            シナトラ

 1966年1月26日~2月1日

 演奏 カウント・ベイシー・オーケストラ

 指揮 クインシー・ジョーンズ

 豪華なメンツです。シナトラ後年のヒット曲が出る前なので

スイングしてますねえ。このCDの聴きどころは・・・・・・。

1、円熟期に入ったシナトラのスンバラシイボーカル。言うこと

  なし!

2、カウント・ベイシー・オーケストラのノリ!それに、あのギター

  のフレディー・グリーンが刻むリズムが実に鮮明に聴こえてくる

  のです。いつも耳を澄ませてもかすかに聴こえるのみのフレディ

  ーのギターがはっきり、くっきり、素晴らしい!特に演奏のみの

  「オール・オブ・ミー」では最初からジャッジャというギターの

  リズムが・・・・・・堪りませんなあ。

3、そして、シナトラのモノローグ。ディーン・マーチンやサミー・

  ディビスやらのシナトラ・ファミリーの話、更に本当のシナトラ・

  ファミリーの話。いやあ、ナゲエのナンノって・・・・・・歌に

  すりゃ何曲分にあたるのかしら。こんな長いトークは初めてです

  (トホホ)。まあ、こんな滅茶苦茶な人だから面白いんでしょうね。


  いやあ、これは凄いCDですぞ。
スポンサーサイト
【2011/02/09 17:55 】 | コレクション(ガラクタ?) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<鶴田浩二リサイタル | ホーム | 「追想の扉」ジャニス・イアン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。